16タイプの性格分類「MBTI」について解説します

16タイプの性格分類「MBTI」について解説します

診断ツール2021.3.4

今回は「MBTI」について解説をしていきます。

MBTI(Myers-Briggs TypeIndicator)とは、スイスの心理学者カール・ユングの性格理論をもとに、アメリカのイザベル・ブリッグス・マイヤーズとキャサリン・クックス・ブリッグス親子によって考案された性格診断テストです。

現在では、自己理解や他者理解、チームビルディングなど、教育やビジネスの場などで世界中で広く活用されているものになります。

MBTIにおける4つの軸

MBTIは2つの相反する要素を持つ4つの軸の組み合わせで人の性格を分類し、その組み合わせパターンの数は16となります。

以下、4つの軸について詳しく解説をしていきます。

1. 心のエネルギーの向き先

外向タイプ(E:Extravert)

自分の外側の世界に対して心のエネルギーが向くタイプです。社交的で人と関わることで活力を得ることができ、街やアウトドアで友人と遊ぶことを好みます。

内向きタイプ(I:Introvert)

自分の内部に対して心のエネルギーが向くタイプです。一人で何かに没頭することで活力を得ることができ、読書や音楽鑑賞などを家で楽しむことを好みます。

2. 物事のとらえかた

感覚タイプ(S:Sensation)

具体的な感覚で現実的に物事をとらえるタイプです。過去に実際に起きた出来事を基に分析したり、実績のある手法を用いることを好みます。

直観タイプ(N:iNtuition)

物事を抽象的にとらえ、その奥にある本質を探そうとするタイプです。細部よりも全体を俯瞰して観察し、独創的や手法で問題を解決することを好みます。

3. 意思決定のやりかた

感情タイプ(F:Feeling)

関係者の感情・心情を考慮した意思決定を重視するタイプです。思いやりがあり、倫理性や人間関係を尊重することを好みます。

思考タイプ(T:Thinking)

論理的に正しく合理的な意思決定を重視するタイプです。客観的な事実をもとに最善な行動を起こすことを好みます。

4. 物事のすすめかた

判断タイプ(J:Judging)

事前に計画したとおりに物事をすすめることを重視するタイプです。規則正しく慎重で、リスクの大きい行動は避けることを好みます。

知覚タイプ(P:Perceiving)

柔軟で臨機応変に物事をすすめることを重視するタイプです。気の向くままに新しいことに取り組み、リスクの大きな賭けを行うことを好みます。

MBTIにおける性格16パターン

上記で紹介した4軸の組み合わせでの性格は16パターンとなり、以下のようにアルファベット4文字を取ったもので表記されます。

  • INTJ
  • INTP
  • ENTJ
  • ENTP
  • INFJ
  • INFP
  • ENFJ
  • ENFP
  • ISTJ
  • ISFJ
  • ESTJ
  • ESFJ
  • ISTP
  • ISFP
  • ESTP
  • ESFP

以下、各パターンについて紹介していきます。

INTJ(内向き×直観×思考×判断)

自信家で努力家でもあります。論理的に物事の本質をとらえることが得意で、客観的に最善となる判断を下すことができます。

INTP(内向き×直観×思考×知覚)

知的好奇心が強く空想家で、独創的なゆえに変わりものであると思われることも多いタイプです。

ENTJ(外向き×直観×思考×判断)

論理的思考を持ち、議論することを好みます。人と自信を持ってコミュニケーションを取ることができ、指導することも得意とします。

ENTP(外向き×直観×思考×知覚)

理屈家で、率直に相手と意見をぶつけ合うのを好みます。周りを巻き込んで影響を与え、大きなことを成し遂げるタイプです。

INFJ(内向き×直観×感情×判断)

控えめで優しく思いやりがあります。自分の意見を主張することは少ないですが、他人の感情を敏感に感じ取ることができます。

INFP(内向き×直観×感情×知覚)

理想主義者で、自分の信念に基づいて行動することを重視します。自己表現を行い、他人に影響を与えることを好みます。

ENFJ(外向き×直観×感情×判断)

求心力があり、組織のリーダーとして人々をまとめることができるタイプです。他人の気持ちをよく理解し手助けするので、自然と人から頼りにされることが多いです。

ENFP(外向き×直観×感情×知覚)

社交的で人づきあいが上手なタイプです。周りの人を楽しませるのが得意で、新しいことに次々と取り組んでいくのを好みます。

ISTJ(内向き×感覚×思考×判断)

誠実で責任感が強く、着実に仕事をこなしていくタイプです。ルールや規則をよく守り、組織の中で信頼を得ることができます。

ISFJ(内向き×感覚×感情×判断)

思いやりがあり気配りができるタイプです。真面目で人に貢献するのが好きで、裏方からのサポートに徹するのが得意です。

ESTJ(外向き×感覚×思考×判断)

堅実な管理者タイプです。統率力があり、組織のリーダーシップを取ることが得意です。

ESFJ(外向き×感覚×感情×判断)

面倒見がよく、良い人間関係を構築することが得意なタイプです。チームのまとめ役となり、活性化させることができます。

ISTP(内向き×感覚×思考×知覚)

気まぐれで好奇心が強く行動力があるタイプです。器用であり、環境の変化への対応を難なくこなすことができます。

ISFP(内向き×感覚×感情×知覚)

穏やかだけれども内側に情熱を秘めているタイプです。他人と過剰に干渉することなく協調していくことを好みます。

ESTP(外向き×感覚×思考×知覚)

エネルギーにあふれており、行動力の高いタイプです。そのポジティブに新しいことに挑戦する姿は人々を惹きつけます。

ESFP(外向き×感覚×感情×知覚)

とにかく今を楽しんで生きることを大切にするタイプです。コミュニケーション能力が高く、みんなの中心で一緒に楽しむことを好みます。

MBTI診断ができるサイト

16 Personalities

無料・登録など不要での診断が行えます。

いくつかの質問に対して「同意する」~「同意しない」の7段階の中から回答していき診断を行います。

16TEST

無料・登録など不要での簡易版の診断が行えます。

いくつかの質問に対して「同意」~「否定」の5段階の中から回答していきいき診断を行います。

結果のタイプがそれぞれ動物の種類に例えられているのが特色です。

■まとめ

今回はMBTIについて解説をしていきました。

単に16の中のパターンについて見るだけでなく、4つの軸それぞれについて自分がどの程度どちらに傾いているのかを考察することで、より詳しく自分の性格を分析することができるかと思います。

おすすめコンテンツ

あなたへのおすすめ

ホーム
診断ツール
自己分析
マガジン
口コミ