Sipher(サイファー)は、就活・転職の自己分析をサポートする「自己分析の専門サイト」です。豊富な診断、ツール、解説であなたの自己分析の悩みを解決します。

おすすめコンテンツ

Sipherでできること

就活・転職の自己分析サイトSipher(サイファー)では、就活・転職の自己分析に役立つコンテンツを多数ご用意しています。

自分に合う診断やワークを見つけて、希望の企業で働くための準備を整えましょう。

診断

指定の設問に回答することで、自分の傾向を知ることができるのが診断です。

自己理解が進んでいない特に初期の段階の自己分析によく利用されます。

性格の傾向や強み・弱みなどを出す診断が一般的で、診断でわかった自分の特性をもとに更なる分析に進めていきます。

簡単、手軽に自分を知ることができるという点で診断は優れており、意識している自分を知る事と無意識の自分に気づくきっかけになります。

その反面、診断は考えずとも答えを出してくれるため、結果に納得感がない場合はそこからの活かし方が難しいケースがあります。

ワークや、他己分析などと組み合わせて診断を行うことでより効果を実感することができるでしょう。

やり方の解説

就活・転職で自己分析をする際の一般的なやり方について解説します。

他の自己分析サイトでも解説されている内容を整理整頓して、一通り網羅できるようにしています。

自己分析には答えがないため様々なやり方が存在しますが、Sipherでは最低限押さえなければならないポイントを分析するやり方を優先してご紹介しています。

自己分析の際に使われる有名なフレームワークも詳細に解説しています。

一通りチェックして、自分に足りていないポイントを中心に分析していきましょう。

Tips

自己分析の前に知っておくべきことや、陥りがちなマイナスポイントなど、自己分析に必要な気を付けるべき点についてまとめています。

Tipsを知っておくことでハマりどころを回避して効率的に分析を進めることができるようになります。

あなたが自己分析に悩みを抱えているのであれば、Tipsをチェックして該当する点がないか確認してみましょう。

研究エビデンス

サイトではやり方や診断といったメインコンテンツに加えて、キャリアに関する世界中の研究論文でわかっている結果についてもご紹介しています。

好きなことを仕事にするとどうなるのか?得意なことをやるとどういう結果になるのか?最も重視すべき企業選びの軸は何か?といった多岐に渡る研究結果が報告されています。

多数の人が感じている幸福なキャリアにつながるポイントは何なのか?という観点でコンテンツをまとめています。

アンケート調査

研究の結果は主に海外のデータで全年齢を対象にしているものがほとんどです。

自己分析サイトSipherでは、より日本人の若手社会人の傾向に近い事実をお伝えするため、日本人の20~30代の社会人の方を対象に数百~数千人規模のアンケート調査を行っています。

現在の日本の社会人の実態が浮かび上がるよう、様々な角度から分析してまとめをレポーティングしています。

あなたのキャリア選びの参考にして頂ければと思います。

自己分析とは

キャリア選びにおける自己分析とは、自分の性格や価値観、強みといったキャリア選択や志望企業に自分をアピールするポイントをまとめる際に必要な点を分析することを指します。

診断やワークを通して過去の経験や感情を掘り起こし、傾向を見つけます。

傾向が見つかったら、それをもとに未来の計画を立てるキャリアデザインを行います。

知っておくと差がつく
診断ツール・フレームワーク

自己分析の際に知っておくと、自分が知りたい項目の分析に役立ちます。

フレームワークや手法はSipherのサイトでも詳細を解説しています。

性格を知る

  • ビッグファイブ
  • mgram

強みを知る

  • ストレングスファインダーオンライン(クリフトンストレングス34)
  • 自分史
  • SWOT分析
  • マトリクス分析

価値観を整理する

  • バリュープライオリティ分析
  • 自分史

感情を知る

  • モチベーショングラフ

他人から見た自分を知る

  • 他己分析
  • ジョハリの窓

適職を知る

  • RCAP

自己分析ができると変わる事

自己分析を行うことによって、以下のような様々なメリットを得ることができます。

  • やりたいことが見つかる
  • 向いている仕事がわかる
  • 理想のキャリアプランを作れるようになる
  • 企業探しの軸ができる
  • ESをスムーズに書けるようになる
  • 面接で自分のことを話せるようになる
  • 自信が持てるようになる

自己分析によって、キャリアの軸を作る事ができます。

キャリアの軸ができると進む方向が明確になるため、自分にとって幸福な仕事・職業・企業を手に入れられる可能性が高まります。

自己分析FAQ

Q1. 就活・転職ではどんな自己分析をやればよいですか?

やり方は人それぞれ違いますが、最低限以下の基本項目は押さえておきましょう。

  • 性格(長所、短所)
  • 能力(強み、弱み)
  • 感情(ワクワク、嫌)
  • 興味(好き、嫌い)
  • 価値観(大事なこと、職場に求める条件)
  • 目標(5年後、10年後、死ぬまでに)
  • 職業(合う職業の傾向)
  • 企業(合う企業の傾向)

あとは自分が面接で事前に準備しておきたい質問をリスト化し、それに答えられるように分析の深さを調整しましょう。

やり方がわからない場合はサイトでやり方をチェックしたり、自己分析フレームワークを利用するのがおすすめです。

Q2. 気を付けるポイントは何でしょうか?

以下は特に就活生が上手くできていないポイントなので気を付けましょう。

  • 良い分析の手法をしっかり調べて知っておく
  • 分析が進まない時は身近なパートナーを見つけてパートナーと分析を進める
  • 他己分析を行って、客観的な自分を把握する
  • 部活や勉強より、アルバイトやインターンなど、できるだけ仕事に近い出来事で分析を行うようにする

Q3. 自己分析はいつやるべきでしょうか?

自己分析は活動の最初に行うのではなく、活動しながら行いましょう。

活動で得た新しい経験は非常に重要です。

特に企業を訪問したり社会人と会話をすると自分の考えも変わります。

変わったあとの新しい自分をしっかりと把握するために、自己分析は活動が終わるまで続けるようにしましょう。

Q4. 就活と転職(社会人)でやる自己分析の違いはありますか?

就活と転職で違うのは、仕事以外の経験が中心か、仕事の経験が中心かです。

長期インターンなどで会社で長く働いた経験がない就活生は、基本的に企業で働いた経験を持ち合わせていません。

自己分析では将来自分が会社や仕事でどのような活躍ができるか、どんな場所でどのような働き方が幸せか分析を行います。

このとき、社会人で就業経験がある場合は仕事で感じた経験を分析することができるのですが、ない場合は過去の仕事以外の経験から分析するしかありません。

転職のときは、できるだけ仕事でどのような事を行ったときに得意・苦手を感じたか、好き・嫌いがあったか、ワクワク・嫌という感情の動き方をしたかを詳細に分析しましょう。

就活の時よりはかなり難易度がが下がっていると実感できると思います。

就活生の場合は、長期インターンなどで仕事をすることをおススメしますが、ない場合はアルバイトを中心に仕事により近い経験からスタートすると良いでしょう。

幼少期の分析には色々なヒントが詰まっていますが、「仕事から遠い」「現在から遠い」経験であればあるほど分析の難易度は上がります。

仕事や時間が今と近い分析を行いつつ、昔の分析も混ぜていくやり方で自分の深層に近づいていくやり方がおすすめです。

Q5. おすすめの診断サイト・ツールはSipherの他にありますか?

おすすめサイトですが、まずは以下のサイトで基本を押さえておきましょう。

  • mgram
  • クリフトンストレングス(ストレングスファインダー)
  • AnalyzeU+
  • キミスカ

Q6. 自己分析のおすすめ本はありますか?

本は以下の6冊がおすすめです。

  • あなたが「一番輝く」仕事を見つける 最強の自己分析
  • 世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方 人生のモヤモヤから解放される自己理解メソッド
  • ワークと自分史が効く! 納得の自己分析
  • さあ、才能(じぶん)に目覚めよう
  • メモの魔力
  • 科学的な適職

サイトからのお知らせ

2021/05/27『ビッグファイブ性格診断』をリニューアルしました

2021/04/20サイトデザインをリニューアルしました

2021/03/28性格理論ビッグファイブをベースにした『5人格性格診断』をリリースしました

2021/01/15サイトをリニューアルしました

2020/12/15就活生向けの自己分析チェック『就活成功度診断(自己分析編)』をリリースしました

2020/07/01『しくじり診断(失敗傾向分析テスト)』をリリースしました

2020/06/0520~30代の社会人500人を対象としたアンケートの分析レポートを公開しました

2020/05/23科学的精密性格診断「ビッグファイブ」をリリースしました

2020/04/01就活・転職の自己分析専門サイト「Sipher(サイファー)」をリリースしました

ホーム
診断ツール
自己分析
マガジン
口コミ